スタッフブログSTAFF BLOG

院長

2020.06.23

慰霊の日

2019年11月、「カヨウ眼科」近く「世栄津(ゆえつ)の森公園」の「聖魂之塔」そば石川地区(旧石川市)の沖縄戦戦没者名(1328名)を記した刻銘版が設置されました。当時の新聞によりますと、除幕式に参加した遺族からは、「おかえり」、「これからはずっと一緒だね」、「年をとって摩文仁まで行くのが大変だったけど、地元に刻銘版ができたので家族で手を合わせることができる」という安堵の声が聞かれたそうです。

 

刻銘版に刻まれた名前を前に涙する遺族の中には、遺骨すら発見できなかった方々もいることでしょう。その方々にとって、それは単なる文字ではなく、亡くなられた方々が生きていた証そのものかもしれません。

沖縄戦体験者やその遺族が高齢化する中、二度と悲惨な戦争を繰り返すことのないよう、沖縄戦の歴史的教訓を後世にきちんと継承していくことが喫緊の課題かと思います。

院長 嘉陽