スタッフブログSTAFF BLOG

院長

2018.11.19

4年に一度じゃない。一生に一度だ!

2020年には「東京オリンピック」が開催されますね。

では、2019年に日本で開催されるスポーツのビッグイベントはなんでしょう?

そう、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」が2019年9月20日に開幕します!(皆さん、知っていますか?)

11月18日、世界ランキング11位の日本と同4位のイングランドとのテストマッチが、ロンドン郊外にある「ラグビーの聖地」として知られるトゥイッケナム競技場において8万人の大観衆の前で行われました。イングランドの監督であるエディー・ジョーンズ氏は、前回2015年W杯で善戦した日本代表の監督を務めた名将でもあり、個人的にとても楽しみな組み合わせでした。結果は15—35で日本の敗戦。前半は日本がボール支配率69%をマークしイングランドを圧倒し15—10で折り返しましたが、後半に集中力が低下し相手に流れを渡してしまい逆転を許してしまいました。

https://www.jsports.co.jp/movie/rugby/rugby_181118.html

試合後に日本選手が“アウェー”の観客席に近づき、一礼して挨拶すると、イングランドファンから「ニッポン」コールが巻き起こり、相手をたたえる「ラグビー精神」を象徴するような光景も見られました。

 

「ラグビー精神」を象徴するといえば、「One for All, All for One」(一人はみんなのために、みんなは一人のために)という言葉があります。最近、「泥酔して車の下敷きになった一人の選手のために、チームメイトがみんなで力を合わせて車を持ち上げて救助した」という、あまり笑えない珍事がありました…。救助された選手には、チームメイトのために試合で恩返しして欲しいです(笑)。

https://www.fnn.jp/posts/00367480HDK

院長 嘉陽