スタッフブログSTAFF BLOG

院長

2019.09.08

手術中に聴く音楽は、○か×か?

ある日の手術室…

患者:(ドキドキ、バクバク)

術者:「Hey Siri、沖縄の三線で癒される音楽をかけて!」

HomePod:「・・・?」(シ〜ン…)

 

この度、当院では医療の質と安全性を高めるために、最新型の白内障手術装置「センチュリオン」(日本アルコン株式会社)を購入しました。従来使用していた同社の「インフィニティ」も優れた器械でしたが、その性能をさらに進化させた後継機です。

手術時の効率性・安全性が向上したのは当然ですが、驚いたことに待機中に器械音がほとんどしません。逆にあまりにも静か過ぎると、患者さんの緊張の度合いが術者にも伝わる感じがして、どうやったらリラックスしてもらえるだろうかと考えるようになりました。

https://otoraku.jp/column/st14/

 

そこで登場したのが、先月やっと日本でも発売されたAppleの「HomePod」です!他のスマート・スピーカーより明らかに音質は優れているそうで、特に低音の響きはかなり良いです。また空間認識能を備えており、その部屋での最適な鳴らし方を自動調整してくれるようです。

「Siri」を搭載していて、「Apple Music」の5,000万を超える曲にアクセスできるようですが、残念ながら、患者である沖縄のオジー・オバーがリラックスできる楽曲は少ない気がします。当面は「Amazon Music」も併用しつつ、レパートリーを増やしていくつもりです。

しかし、そもそも手術中に音楽は必要でしょうか?賛否両論があるとは思いますが、アメリカの外科医に聞いた、最も集中力が増すBGMは「ヘビメタ」だそうです!

https://tabi-labo.com/283635/surgeon-playlist

ならば、(絶対に無理なのは分かっていますが、)ジョギング中によく聴いている「メタリカ」の曲を聴きながら、一度でいいから手術をしてみたいです〜!(妄想)

https://www.youtube.com/watch?v=JFAcOnhcpGA

 

院長 嘉陽